リフォームコンセプト

お客様の笑顔と「ありがとう」を求め続ける

家づくりコンセプトみなさまに支えられ、会社組織になって70周年を迎えることができました。
心より感謝いたします。
これからも、皆様に役立つ企業として、信用第一で努めていきますのでよろしくお願いします。
当社は、建設関連の地域密着企業として、お客様の笑顔と「ありがとう」を求め続ける企業でありつづけたいと思います。

会社の歴史

1921年(大正10年)ころ、初代は町屋石を中心とした石材業・砕石業による産業を興す。
1930年(昭和05年)3代目 根本鋭太は、地域の人々に産業から職場をつくり、豊かな地域づくりを夢見て根本鋭太商店を設立。
1938年(昭和13年)根本工務店と社名改める。
1949年(昭和24年)根本工務所と社名改める。
1952年(昭和27年)現在の株式会社根本工務所とする。
1964年(昭和39年)4代目社長『根本靖』が初代の意思を継ぎ堅実に経営を行って参りました。

お客様が喜んでいただけるために

お客様が喜んでいただけるために以前、筋ジストロフィーで半身不随の女性からのご依頼でお風呂のリフォームを行いました。
要望的には、『段差をなくしてください』ということでしたが、
家の中の段差の多さにもお困りでしたので周辺の段差手すりを付けるご提案をさせていただきました。
そして手すりを設置したところ、とても喜んでいただけました。そんな時は仕事のやりがいをとても感じます。

仕事(サービス提供)の姿勢について

仕事(サービス提供)の姿勢について私たちは、お客様の『ありがとう』を求め続ける企業です。
そのためには何のために施工するのかを真に理解し、お客様の想像以上の仕事をし、お客様に感動していただく。
そのことが私たちのさらなる技術力と、心の成長の糧となります。

次にわたしたちの施工実績をご覧ください